トラウマになるホラー小説おすすめ15選!無料で読む方法も紹介

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
トラウマになるホラー小説おすすめ15選!無料で読む方法も紹介
この記事のまとめ

当ブログ【みみコレ】では、トラウマになるおすすめホラー小説15冊を紹介。

本記事で紹介している作品の一部は、ある方法を利用すると30日 無料で読むことができます。

読んだ後に後悔するって分かっていても、話の続きが気になりついつい読み進めてしまうホラー小説。

ホラー小説

当ブログ【みみコレ】では、筆者おすすめの背筋が凍るホラー小説15冊紹介。

読んだことを後悔するトラウマ級のホラー小説を探している方は、ぜひ参考にしてください。

本記事で紹介している本は一部は、こちらの方法を使うと30日 無料で読むことができます

ソレイユ

30日の無料体験は
利用しないと損だよ

目次

【イチオシ】ホラー小説おすすめ3選

【イチオシ】ホラー小説おすすめ3選

数あるホラー小説の中でイチオシの作品は、次の3つです。

【イチオシ】ホラー小説おすすめ3選

黒い家

作品黒い家
著者貴志 祐介

「黒い家」
読んだ人の感想

女性
女性

保険営業マンの主人公が悪質な客と対峙するサバイバルホラーなストーリーに度肝を抜かれました。
客は夫婦を装って保険会社から保険金を騙し取る形で進みますが、その手口が残忍で非人道的なところに恐怖が詰まっています。
全ては嫁の描いたシナリオで旦那の手を意図的に負傷させていたり、自宅の地下に失踪者として死体を隠していたりする点。ページをめくるたびに恐怖感が増幅していました。
最後まで気の抜けない展開にはまるで映画を観ているようなぐらいのリアリティがあります。
常に恐怖がつきまとう本作はホラー好きにはたまらない一冊になると思います。

男性
男性

金のためなら家族も殺せる。
そんな犯人は私の読んだ小説の中でも最も恐ろしい人物の一人だ。
保険金の為に息子を自殺と見せかけ殺したり、事故に見せかけ夫の腕を切断させたりする様子は読んでいてあまりにも不気味だった。
真相を突き止めようとする若槻にも魔の手が襲いかかる最後のシーンは夜に読むことをおすすめしない。
幽霊より生身の人間が一番恐ろしいということを実感させられる。
身近にこのような鬼畜な人間がいたら私は立ち向かうだろうか、それともただひらすら逃げるだろうか…。

天使の囀り

作品天使の囀り
著者貴志 祐介

「天使の囀り」
読んだ人の感想

女性
女性

オカルトを題材にしたホラーに飽きてしまった方におすすめできる作品です。
タイトルにもなっている天使の囀りの意味が分かった時は鳥肌ものでした。
霊的な恐怖では無く、生理的嫌悪感で恐怖を煽ってくるタイプであるため、普通のホラーに飽きてしまったところに強烈なインパクトを残してくれた作品。
本作は虫に関しての描写が多いため、虫嫌いな方は精神がゴリゴリ削られない様注意して読むのが良いと思います。
妙にリアリティがある描写で場面が想像しやすく一段と恐怖が加速します。

男性
男性

主人公とは別視点で登場する、孤独なコンビニアルバイトの青年・新一の想像を絶する最後が恐ろしくて印象的でした。
私はそのような状態になっている人間を見たことがない筈なのに、その様が脳裏に浮かぶようで…
それ程に作者の描写は生々しく精緻なものです。
本筋とは大きく関わりませんが、作者の、食べ物やそれを食する様子が、本当に美味しそうに描写されているのが好みです。
日常生活での食事のみでなく、アマゾンでのサバイバル料理ですら美味そうに感じられるので、そこも魅力の一つだと思います。

夜市

作品夜市
著者恒川 光太郎

「夜市」
読んだ人の感想

女性
女性

夜に開かれる謎めいた市場の怪しさと、幻想的な世界がが本作の魅力です。
怖いというより、日常の先に隠れているかもしれない非日常を見せられているような感覚になります。
子どもが知らず異世界に迷いこむ要素や祭りの縁日のような市場で起こる不可思議はある意味 王道な展開ですが、会話や細かな雰囲気の描写でしっかり物語世界に没入できてとても味わい深い作品です。

男性
男性

夜市は角川ホラー文庫から出版されている作品だが、ホラー感があまり感じない。
ゆえに万人受けする作品である。
また、主人公が弟を取り返す為に友達を連れて夜市に向かうのだが、弟を取り戻すのに自分を生贄にするのか友達を生贄にするのか‥その心理的描写がうまく書かれておりハラハラする。
オチとしては、ハッピーエンド?なのだろうかと疑問が残るが、兄弟はあっちの世界で楽しく過ごして欲しい。
友達は不憫に思うが

ホラー小説を30日 無料で読む方法はこちら

【海外】ホラー小説おすすめ3選

【海外】ホラー小説おすすめ3選

海外のホラー小説の中でおすすめ作品は、次の3つです。

【海外】ホラー小説おすすめ3選

シャイニング

作品シャイニング(上)
著者ティーヴン・キング

「シャイニング」
読んだ人の感想

女性
女性

オーバールックホテルを舞台に次々と不可思議な現象が起こっていく様が面白いです。
また父親のジャックの心の葛藤がていねいに描かれているのも良かったです。
ホラーではあるものの、心理描写がしっかりとしているので、エンタメ性にも優れています。
息子のダニーが輝きという超能力を持っている設定も魅力的で惹かれます。
それにストーリーも面白いですし、ジャックが徐々に狂っている様も素晴らしく、非常に読み応えがあるので、イチオシの傑作小説です。

男性
男性

スタンリー・キューブリック映画「シャイニング」と本作品の内容は全然違います。
どちらかというと、原作の小説の場合は、あんまりにもホラー要素がなく、親子愛を描いた内容であるとされています。
スタンリー・キューブリックの『シャイニング』の場合は、父親のジャックが悪霊に取り憑かれたにもかかわらず、悪役として登場しているので、なんだか違うなという点も上げられたりしています。
原作の小説と映画と比較するなら、ぼくは小説の『シャイニング』の方が好きです。

隣の家の少女

作品隣の家の少女
著者ジャック・ケッチャム

「隣の家の少女」
読んだ人の感想

女性
女性

アメリカのホラー小説の古典と聞き読んでみました。
恐怖演出や緊張感の表現が逸脱で、知らず知らずのうちにストーリーに引き込まれます。
リアルな描写と心理的な恐怖が絶妙。
ただ、衝撃的な描写がリアルに書かれているので、ホラー小説が苦手な方や怖いものが苦手な方は読むのを控えたほうがいいかも。
ホラー小説が好きな方は間違いなくハマると思うので、ジャック・ケチャナムの他の作品と合わせておすすめします。

男性
男性

最も気分を悪くさせられた1冊。
扇動する監禁や拷問、暴行シーンが作品の半分以上を占めているため、読んでいると心が汚染されれていく。
主人公は一見善良に見えるが、見て見ぬふりをするため、ゆがんだ感情にイライラさせられる。
だが、実際に同じ状況になったときに主人公と違う行動は取れるか? 問われると正直自信がない。
ドキュメントに近いホラー小説。

チェスナットマン

作品チェスナットマン
著者セーアン スヴァイストロプ

「チェスナットマン」
読んだ人の感想

女性
女性

衝撃的なおもしろさでした。
ページをめくる手が止まらないというか止めたくない感じで、永遠に読んでいたいと思える作品。
冒頭から引き込む力が強く、それがラストまで緩むことなく読み進めれます。
連続殺人と現場に置かれる栗人形がなんとも不気味で、先の見えない不安や犯人と警察との戦いはとにかく緊迫感があります。

男性
男性

北欧ミステリーらしい重く暗い雰囲気がたまらない作品です。
登場人物たちの性格や背景がていねいに描かれていて、知らぬうちに感情的になります。
そこに猟奇事件とくれば、サイコサスペンスファンなら歓喜することまちがいなし。
連続する猟奇殺人・現場に残された栗で作った小さな人形“チェスナットマン”・犯人を追う二人の警察。
終始重苦しい雰囲気、そして距離が縮まりそうで縮まらない感じが魅力的です。

ホラー小説を30日 無料で読む方法はこちら

【日本】ホラー小説おすすめ3選

【日本】ホラー小説おすすめ3選

日本のホラー小説の中でおすすめ作品は、次の3つです。

墓地を見おろす家

作品墓地を見おろす家
著者小池 真理子

「墓地を見おろす家」
読んだ人の感想

女性
女性

ストーリーがとても読みやすいです。
文章がとても上手で、普通のことが書いてあるのに、ゾクゾクが止まりません。
何か起こるよ!何が起こる?というハラハラでなかなか途中で本を閉じることができません。
現実には起こりえないことだとは思いますが、もしかしたらあるかも…と思わせるのはさすがだと思います。
登場人物もとてもよく描かれていて、親近感がわきます。
自分もセントラルプラザマンションの住民になった気分で読むことができる名作です。

男性
男性

ホラー小説が好きで今までたくさん読んできましたが、中でも特に印象に強く残っている小説です。
雰囲気が物凄くおどろおどろしいかといえばそんなことは無いのですが、常に不穏なものが主人公達に纏わりついているような気持ち悪さがあります。
ラスト近くのとある場面。
「この世の者では無い者」が放つ人間的な声音、会話。
今思い出しても鳥肌が立ちます。
ホラー好きには絶対読んでほしい一冊ですが、現在、墓地が見える家に住んでいる人は絶対に手に取らない方がいい小説です。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

作品ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
著者内藤 了

「ON 猟奇犯罪捜査班」
読んだ人の感想

女性
女性

新人の女性刑事が不可解な猟奇事件を解決していく話でドラマ化もされている。
主人公はドラマより人間味があり親近感が湧くため、ストーリーにすごくリアルがあります。
場面の描写が想像しやすく、小説の世界に入りやすいところも特徴。
やや突っ走り気味で危ういところがある主人公と個性豊かなチームでの捜査が魅力的で、どの話もあっという間に読み終わってしまう感じです。
シリーズで何冊か出ていてボリュームがあまりないので短期間で楽しめます。

男性
男性

ホラーといえばお化けや幽霊だけじゃないということを再確認した小説です。
犯罪心理や刑事物、法医学など色々な分野が絡み合っていて事件を解決していくところが興味深い。
シリーズ化しているので、どんどん読んでしまいます。
描写としてはグロテスクで残酷な部分もあるけど、主人公が一生懸命な若い女性で、人としても刑事としても成長していくシーンが魅力的。
怖いだけではない小説なので、ホラー小説初心者にも読んでもらいたい一冊。

リカ

作品リカ
著者五十嵐 貴久

「リカ」
読んだ人の感想

女性
女性

この本は今まで読んだ本の中で私がどハマりして初めて全シリーズ読んだ本です。
幽霊とか怪奇現象とかではなく、人間の怖さが出ています。
初めてこれを読んだ日はあまりにも怖くて寝ることができませんでした。
痩せ細った黒髪ロングヘアーの女が、掲示板で会った男をストーカーし、ありえないことを起こしていく。
人間の心理の怖さや背筋がゾッとする話の展開に夢中になること間違いなしです。
シリーズとして刊行されていますが、私は1番最初の「リカ」が1番好きです。

男性
男性

ドラマ化された本作品。
超人的な存在のリカにたちまち魅入られてしまいます。
現実では絶対にありえないことでもリカの小説の中ならありえるかもしれない、そんな人がいるかもしれないと思うとゾクゾクします。
出会い系サイトという異質な世界に潜む悪魔、そんなリカに目をつけられた男たちの末路、それに関わる人たちに蔓延するリカの魔の手に怯えながら何か期待してしまう、そんな不思議な魅力がある作品です。
ストーリーも頭に入ってきやすいので、本に慣れていない人にもおすすめです。

ホラー小説を30日 無料で読む方法はこちら

【映画化】ホラー小説おすすめ3選

【映画化】ホラー小説おすすめ3選

映画化されたホラー小説の中でおすすめ作品は、次の3つです。

【映画化】ホラー小説おすすめ3選

禁じられた遊び

作品禁じられた遊び
著者清水カルマ

「禁じられた遊び」
読んだ人の感想

女性
女性

怪奇現象のみの単純なホラーだと思い読みましたが、人間の本質、怖さが書かれている作品でいい意味で裏切られました。
嫉妬や憎悪などのどろっとした感情は、誰しも感じたことがあるはず。
そういう感情を自分が向けられる可能性もあるので、リアリティがあって面白かったです。
黒幕にも驚いたので、最後まで変わらぬドキドキ感で楽しめるところがおすすめ。
読んだ後、やっぱり一番怖いのは人間なのかもしれないと思わずにはいられませんでした。

男性
男性

主人公の奥さんの恨みの凄さや、主人公の子どもがお母さんを慕う愛の深さに怖さを通り越して気持ち悪さを感じます。
多かれ少なかれ、映画「ペットセメタリー」や「禁じられた遊び」へのオマージュがあるのでしょうが、自分の子どもの強い願望から、何度も蘇る主人公の奥さんの描写が強烈でした。
母親の体質を継いだ主人公の息子も、お母さんを亡くしたかわいそうな子というよりはちょっと化物っぽい印象。
もの哀しさが漂いそうな題材なのに、ホラーエンターテイメントっぽさを感じる作品でした。

変な家

作品変な家
著者雨穴

「変な家」
読んだ人の感想

女性
女性

もともとYouTubeでこちらの作家さんを知り、動画などを見ていて、面白いなと感じたと言うのが、読み始めたのがきっかけでした。
YouTubeでも面白いなと思っていましたが、実際に本を読んでいると、動画で聞くよりも目で見て感じることの方が多く、いつの間にか日付が変わるまで一気に読んでしまいました。
小説があまり好きではないなと言う方でも簡単に読めるような本になっているので、あまり小説は好きでは無いけど、ホラー好きと言う方にはオススメです。

男性
男性

普段、読書する習慣のない人でも読みやすい小説です。
テンポが良く、本の分厚さの割には文字数が少ない。
またホラー小説にちょっと飽きたなと思う人にもおすすめです。
ジャンルがホラーなのかは不明ですが、今まで読んだことのない話の内容でした。
他のシリーズも出ていますが、どのシリーズから読んでも問題なく読めるところもおすすめポイントです。

残穢(ざんえ)

作品残穢(ざんえ)
著者小野 不由美

「残穢」
読んだ人の感想

女性
女性

おすすめする理由は、賃貸を探したことがある人だったら、誰もが抱く気持ちを感じる作品だから。
この残穢(ざんえ)という小説を読んでいると、賃貸で部屋を初めて探したときのことを思い出しました。
初めて賃貸を探すときの、ドキドキ感というか、不安感といった感じです。
一人暮らしの賃貸の部屋に問題があったらどうしますか?
この不安がこの作品の魅力だと思います。

男性
男性

すごく怖い本。今までのよくあるホラー小説とは「怖い」の意味が違います。
物語をずーっと嫌な空気が漂っていて、読んだあとたまらない気持ち悪さが残ります。
まさに『残穢』というタイトルそのままの読後感です。
「音」や「電話」がこちらの恐怖を掻き立てるのにとても効果的な役目を果たしています。
この小説を読んだのはもうずいぶん前なのですが、未だに嫌なイメージがしっかりと残っています。
「怖かったねー!」と大きな声で言うのではなく、ゾクっとした感覚が長い時間消えない…そんな小説です。

ホラー小説を30日 無料で読む方法はこちら

【中学生】ホラー小説おすすめ3選

【中学生】ホラー小説おすすめ3選

中学生におすすめのホラー小説は、次の3つです。

【中学生】ホラー小説おすすめ3選

リング

作品リング
著者鈴木 光司

「リング」
読んだ人の感想

女性
女性

映画にもなったことがあり、読んでみたことがあるけど、貞子の執念と言うか、恨みと言うか呪いと言うかビデオに写っている女性がテレビの中から出てくると言うのはびっくりだし、髪の毛が多くて、素顔が分からない状態がほとんどだった。
しかも何回も出てくるし、暗闇だからかもしれないが、怖さが倍増しているような感じがしたからです。
服も何故か白い服を着ていて、黒い髪と白い服で、テレビから出てくるので、正直怖くて、恐ろしかった。

男性
男性

出版当時、ホラー好きな人は大概読んでいて、夜中の突然の電話がめちゃくちゃ怖いものに変えてくれた恐ろしさを教えてくれました。
日常から少し外れた行いをする事で恐怖のどん底に落とし込んでくれ、またこの作家の出版する本はほぼほぼ読みあさってしまうという引き込み具合は最強です。
本の怖さを映画は伝えきれていないのは残念です。
対極の怖さの本に仄暗い水の底からがありますが、こちらも名作の一つになります。
どちらも映像化されていますが、リングが動、仄暗いは静の怖さがあります。

闇祓(やみはら)

作品闇祓(やみはら)
著者辻村 深月

「闇祓」
読んだ人の感想

女性
女性

いろんな種類のハラスメントが出てきます。
特にいい人なんだけど違和感を覚えるママ友には、なぜか妙に納得・共感して読み進める手が止まりませんでした。
一見すると面倒見が良く気が利いて、誰とでも仲が良い憧れのママなんだけど、仲を深めていくと感じる違和感。
ことあるごとに感じる小さな疑問が、だんだん確実なものになっていく恐怖もありました。
こうゆうものってママ友だけではなく、日常で出会う人で深くはまだ関わっていないけどいい人そうな人にも通じる話だと思います。
日常に潜んでいる恐怖、違和感がこの本を読むと妙に共感できるかもしれません。

男性
男性

ホラーテイストの作品ですが、ジュブナイル的な軽やかな読み心地で後味も悪くなく楽しめました。
怪しげな転校生に付きまとわれる少女の怖れと困惑が深まっていき、やがて意外な事実が展開されていきます。
人や人ならざるものの悪意がそっと滲み出してくるような心理描写はさすがにうまいなと感じます。
直近では現代社会を描いた作風の作品が多かった印象でしたが、どこか初期作品を思い出させるようなアニメチックなキャラクタが逆に新鮮な感じを受けました。

Another

作品Another
著者綾辻 行人

「Another」
読んだ人の感想

女性
女性

自分自身としてはダークな雰囲気が緊張感を演出していることでクラスメイトで海に行くシーンでどんよりした曇り空で不穏な空気であり、せっかくの水着回ではあるのですがそんなこともお構いなしの展開となること。
また最後までどうなるか分からない展開であり、ストーリーが進むにつれて徐々に、三年三組の謎が分かっていくのですが、最後の最後まで、全てが解かれることはなく、最後までハラハラした展開なので読んでいても大変おもしろい作品であるからです。 >???

男性
男性

ホラーに苦手意識がある自分でもサクサク読めました。
アニメ化されている本作は、グロイ描写がそこまで多くないのでスラスラ読めます。
ストーリーがテンポ良く進むため、普段、小説をあまり読まない人でも読みやすい作品に仕上がっています。

ホラー小説を無料で読む方法

ホラー小説を無料で読む方法

本記事で紹介した一部の本は、次の方法を利用すると30日 無料で読むことができます

作品名画像Amazon
オーディブル
Kindle
Unlimited
黒い家黒い家30日
無料
天使の囀り天使の囀り30日
無料
夜市夜市30日
無料
シャイニングシャイニング
隣の家の少女隣の家の少女
チェスナットマンチェスナットマン
墓地を見おろす家墓地を見おろす家30日
無料
ON 猟奇犯罪捜査班
藤堂比奈子
ON 猟奇犯罪捜査班
藤堂比奈子30日
無料
リカリカ
禁じられた遊び禁じられた遊び30日
無料
30日
無料
変な家変な家30日
無料
残穢(ざんえ)残穢(ざんえ)30日
無料
リングリング
闇祓
(やみはら)
闇祓(やみはら)30日
無料
AnotherAnother30日
無料

本記事で紹介しているホラー小説を無料で読む方法は、次の2つです。

30日 無料で読む方法

Amazonオーディブル

Amazonオーディブルは、Amazonが提供している耳で読書を楽しむサービス。

聴く読書

オーディブルは、数ある聴く読書サービス(オーディオブック)の中でコンテンツ数が圧倒的No1

聴く読書の良いところ

  • 作業しながら読書が楽しめる(運転中・歩いているとき・家事をしながら)
  • 読書の時間が取れなくても、耳を使って本が読める
  • 目が疲れない

現在、30日 無料で利用できるキャンペーンを行っているオーディブル。

ホラー小説を無料で読みたいなら、オーディブルの無料体験に申し込みましょう。

今なら
30日 無料で聴き放題

オーディブル
  • 通勤中・家事をしながら読書できる!
  • 月額1,500円プランが使い放題 (初回30日)
無料期間中に体験して
合わなければ解約→料金は0円

オーディブルの口コミ・評判は、下記の記事でくわしく紹介しています。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供している電子書籍サービス。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの一番の魅力は、200万冊の本が読み放題なところ。

Kindle Unlimitedの良いところ

  • 小説や雑誌が充実
  • 月額980円で200万冊が読み放題
  • 本の保管スペースが必要ない

現在、30日 無料で利用できるキャンペーンを行っているKindle Unlimited。

ホラー小説を無料で読みたいなら、Kindle Unlimitedの無料体験に申し込みましょう。

今なら
30日 無料で読み放題

Kindle Unlimited
  • 作品は200万冊以上(雑誌・書籍・漫画)
  • 自宅で気になる本がいつでも読み放題!
  • 月額980円プランが使い放題 (初回30日)
無料期間中に体験して
合わなければ解約→料金は0円

Kindle Unlimitedの口コミ・評判は、下記の記事でくわしく紹介しています。

まとめ

ホラー小説おすすめ15冊を紹介しました。

本記事で紹介した一部の作品は、こちらで紹介したように30日 無料で読むことができます。

気になる本があれば、今すぐ手に取りましょう。

ミステリー小説のおすすめは、下記の記事でくわしく紹介しているのでこちらも参考ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次